理論政策更新研修とは

あきない総研の理論政策更新研修

あきない総研の『理論政策更新研修』は2009年4月からスタートいたしました。 年度を重ねる毎に、多くの方々に受講いただいております。 「中小企業診断士」が、キラリと光る資格となり、学生や若い人にとってあこがれの存在になる。そして、中小企業診断士が企業やこれから起業する方々への心強い存在となり、地域を、そして社会を元気にしていく。それに一歩ずつ近づいていくための資格更新の研修を目指していきます。

2009年4月からスタートしたあきない総研の『理論政策更新研修』。2009年度は約330名、2010年度は約470名、さらに2011年度には約660名にご受講頂くことができました。その多くが昨年度ご受講頂いた方のリピートやご紹介となっております。受講後のアンケートでは、(アンケートを取り始めてから2年連続で!)約94%の方が「大変満足」「満足」と回答。価値ある4時間を提供したい、と思っている私たちにとってうれしい回答です。「中小企業診断士」が、キラリと光る資格となり、学生や若い人にとってあこがれの存在になる。そして、中小企業診断士が企業やこれから起業する方々への心強い存在となり、地域を、そして社会を元気にしていく。それに一歩ずつ近づいていくための資格更新の研修を目指していきます。

ワークを中心とした
実践的な研修

中小企業診断士とその活動を支えるために考えられた、最も実践的な研修内容。
単なる研修ではなく、思考を広げ知識の整理をする思考キャンパス。
多数の講師、講義内容より自由に選択し、自己の向上のために時間をお使いください。
受講すれば修了1回として認定され、修了証書も受講後すぐにお渡しします。