研修テーマ

中小企業診断士の為の組合対処法 / 共同店舗の現状と課題

<研修概要>

中小企業が連携して運営する組合は社長の集まりであり、意思決定フローのはっきりした一般企業組織と異なります。会社法ではなく組合法を根拠法としており、税法上もちがいがあります。また、事業協同組合が多い共同店舗では無報酬の役員が自身の店舗経営を兼ねて運営しているところが多く、権限責任とも不明確など診断士が関与するに当たり心得ておくべき内容を解説します。



<研修内容>

■13:00~15:00  中小企業診断士のための組合対処法

組合法について会社法との違いからそのポイントを解説します。また、代表的な組合組織である事業協同組合を例にあげ、税法上の留意点や公的支援施策について基本的知識を説明。 診断士として組合へ関与する場合の留意点を実例を交えて説明します。

■15:00~17:00  共同店舗の現状と課題

事業協同組合で運営されることが多い共同店舗の概要を商店街・民間ショッピングセンターとの違いから説明。実例を交えて様々な問題・課題をケーススタディします。さらに、いくつかの事例をあげ、生き残りのために様々な工夫、紆余曲折、その結果現在までどのように生き残ってきたかを、検証します。



本テーマの研修日程

※本テーマの研修日程はありません。

 

« 戻る