研修テーマ

中小企業診断士の為の「実践的」補助金支援スキル向上

  • 市岡 直司

<研修内容>

現在、中小企業診断士には主に公的支援機関や商工会議所を通じて、または自ら認定支援機関としても補助金申請に係る「実践的な支援スキル」が求められている。

「求められている補助金申請書とはどういうものなのか」

特に昨今の生産性向上に係る補助金(ものづくり補助金等)の申請支援スキルについて事例を用いて、実際に審査をする立場からワークを行い必要となる書き方、視点を体験しながら理解していただく。


・補助金支援の実態、政策についての理解(1時間)

主な補助金制度の解説、支援の実態について解説、またどういう申請書が求められるのかを事例をもとに解説する。


・補助金支援に求められているスキルについてのワーク(2時間)

チームやグループに分かれて、補助金申請書事例を用いて実際のものづくり補助金の応募要項に記載されている審査基準をもとに採点するワークを行う。(事例企業は2~3社程度)

各自の採点結果をもとに「どうしてこういう採点になったか」など、チーム内でを発表する。

採点を高くするにはどうしたらいいか等のディスカッションを実施。これにより、具体的にどのような内容が求められているのか理解を深める。




中小企業白書から見る生産革命の実態


<研修内容>

最新の中小企業白書を用いて、現状の中小企業の動向、とくに生産性についての実態について解説して理解を深める。

生産性向上に係る政策がどのような背景で行われており、今後支援者としてどういうスキルが求められているかを考えていただく。


中小企業の動向と生産性革命(1時間)

中小企業白書の内容をもとに以下の項目を解説しながら、講師の支援体験などを踏まえて解説していく。

・中小企業の動向

・深刻化する人手不足の実態

・生産性向上(設備投資、IT活用など)

・生産性向上に向けた政策



本テーマの研修日程

開催日
2019年11月16日(土)
開催地・講師名
名古屋 katanaオフィス名駅
講師名 : 市岡 直司
申込
申込
 

« 戻る

株式会社あきない総合研究所
Akinai Research Insititute

〒541-0044 大阪府大阪市中央区伏見町4-4-9 淀屋橋東洋ビル3階 TEL: 06-6232-0677

OFFICIAL WEB