研修テーマ

実践的プロジェクトマネジメント超入門

  • 町田 悦郎

<研修内容>

プロジェクトの本質を理解し、中小企業のプロジェクトを推進するために求められる要素を受講生と講師が一緒に考えます。

プロジェクトの遂行に必要な手順・手法を理解し、成功するプロジェクトチームを作り上げられることを目標とします。

プロジェクトマネジメントの「定義」、「計画」を中心に研修を実施します。グループワークを中心とした実践形式の講義を行います。


1.プロジェクトとは

(1)プロジェクトの目的【グループワーク】

・今までに経験したプロジェクトの振り返り


2.プロジェクトマネジメントの流れ


3.プロジェクトの定義付け【グループワーク】

・プロジェクトの明確化

・プロジェクトの目標を文書化する。


4.スケジュール作成【グループワーク】

(1)利害関係者の整理

・利害関係者の積極的な参加意識を高める方法を考える。

(2)作業の整理

・WBSを作成する。


5.リスクマネジメント【グループワーク】

・複数の視点からリスクを棚卸する。


6.まとめ




中小企業白書から見る情報技術の活用


情報技術(IT)は、近年ますます進歩しています。IoT、AI(人工知能)、ブロックチェーンなどの新しい情報システムやサービスが生まれており、情報技術は情報処理能力・利便性・価格比性能のいずれも大幅に向上し、低コストでのITを活用できるようになってきました。

本研修では、2019年版中小企業白書をもとに、中小企業・小規模事業者のITの導入の現状、経営課題に対するITの活用の状況を分析し、ITの導入・活用のために中小企業診断士がとるべき対応をワークを交えて受講者と講師が一緒に検討します。


中小企業白書から見る情報技術の活用

1.ITの普及による市場や経営環境の変化

・中小医業白書に基づき、中小企業のITの普及による経営環境の変化を概観する。

2.ITの導入の状況

・中小医業白書に基づき、中小企業のITの導入の状況を概観する。

3.経営課題とITの活用

・中小企業の近年の経営課題を整理し、その克服にどのようにITを利活用できるか中小企業白書を参考に考える。

4.ITの導入・活用の効果

・前項を踏まえ、中小企業のIT導入・活用の効果を中小企業白書を参考に考える。

5.ITの導入・活用

・中小医業白書に基づき、ITの導入・活用の事例を検討する。

6.ITを活用した経営課題の克服【グループワーク】

・中小企業ができるITを活用した経営課題の克服策を受講者がグループディスカッションを通じてまとめ、発表する。

7.まとめ



本テーマの研修日程

開催日
2020年2月11日(火)
開催地・講師名
東京都23区内会場(詳細未定)
講師名 : 町田 悦郎
申込
申込
 

« 戻る

株式会社あきない総合研究所
Akinai Research Insititute

〒541-0044 大阪府大阪市中央区伏見町4-4-9 淀屋橋東洋ビル3階 TEL: 06-6232-0677

OFFICIAL WEB