研修テーマ

『自己肯定感』向上のエクササイズ(人事・労務担当リーダーへのコンサルティング支援)

  • 小宮山 敏恵

<研修内容>

人事・総務部門リーダーへ『自己肯定感向上』(自己理解、自己コミュニケーションアップ)について、ワークを通じて学ぶ研修です。

日本の学生は、世界的にみても自己肯定感が低いというデータがあり、自己肯定感という言葉が最近、注目されるようになっています。

多様な価値観の組織メンバーをまとめていく、リーダーにも、不安や負担が、かつてより、大きくなっています。上司と部下で、仕事以外のことを話す『1 on 1ミーティング』をされる企業もあります。

自己肯定感向上(自己愛アップ)研修を通じて、自分や他の人たちにもっとやさしくなったという声をききます。

自分自身をありのままに受容するヒント、エクササイズを学びます。

これは、ハラスメントの防止や、組織開発の一助になるかもしれません。

労働力不足が深刻化している現在の組織では、協調、協働、助けあいを通じて、生産性向上、離職率低下に寄与していくことと思います。


労働力人口の不足、働き方改革、ダイバーシティー、ハラスメント、メンタルヘルス等の問題に、企業は直面しています。

私は、特定社会保険労務士・中小企業診断士として、人事・労務のご相談を日々、受けており、その課題解決や『組織開発』に取り組んでいます。

その相談や問題の背景には、組織内のコミュニケーションが円滑にいかず、『組織が協働』ではなく、コミュニケーションギャップ、感情損失、ハラスメントの発生が生じているケースが少なくありません。

特に、そのコミュニケーションギャップには、『自己肯定感』『自尊感情』『自己愛』という切り口があります。

自己肯定感は、特に日本の若者は、世界的にみても低いという結果がでています。

他者とのコミュニケーションを円滑に行うためには、まず、自己や自分の考え方、行動に気づくことからスタートするため、参加型、ワークショップを行ないます。

心理学を取り入れたこのトレーニング研修は、Mastery of Self Love(米国)のファシリテーターの認定講師が実施します。


最近の組織、現場が抱える人事課題とは?

①リテンション(離職防止)

②パワーハラスメント・セクシュアルハラスメント

③メンタルヘルス

その背景にはコミュニケーションギャップがないでしょうか?

自分自身、自己との認識、コミュニケーションはできていますか?

自分自身にも厳しいため、つい他の人にも厳しくあたってしまう傾向がある、他人の目が気になる、他人から嫌われたくない、過剰に人に合わせてしまう、自分の感情が繊細・敏感すぎてしまう方々におすすめです。


自己肯定感向上(自己愛向上)エクササイズのステップ

①マッスルテスト(アプライドキネシオロジー)

②内なる批判を探し止める

③健全なモチベーション習慣エクササイズ

④健全な境界線を設定するエクササイズ

⑤ありがとうリストの作成


上記を参加者にあわせて、ワークショップ形式で、ワークディスカッションを通じて、体験してゆきます。




中小企業白書から学ぶ人事・労務施策や人事労務動向


2019度版中小企業白書から、「人事・労務施策」や、人事労務に関する動向をふまえ、トピックを取り上げて解説します。


・中小企業の雇用環境と人手不足の現状

・事業の承継

・人材不足の克服

・IT投資やクラウド活用


働き方改革が叫ばれている現状において、その課題と働き方改革(特に労働時間等)や生産性向上の取組事例の紹介等



本テーマの研修日程

開催日
2019年7月28日(日)
開催地・講師名
東京六本木会場(katanaオフィ...
講師名 : 小宮山 敏恵
申込
申込
開催日
2019年10月5日(土)
開催地・講師名
東京都23区内会場(詳細未定)
講師名 : 小宮山 敏恵
申込
申込
 

« 戻る

株式会社あきない総合研究所
Akinai Research Insititute

〒541-0044 大阪府大阪市中央区伏見町4-4-9 淀屋橋東洋ビル3階 TEL: 06-6232-0677

OFFICIAL WEB