研修テーマ

中小企業の経営管理とは(中小企業CFOの在り方)

  • 高森 厚太郎

<研修概要>

中小企業の経営の診断又は経営に関する助言を行う専門家である中小企業診断士。税理士などとは違って独占業務がなく、かつ、クライアントである中小企業の抱える課題は広範に渡ることから、依頼になんでも応える、名刺にできることを何でも書く、ともすれば専門性を見失いがちです。クライアントの真のニーズは何なのか、診断士の専門性とは何なのか。

本研修では、現在5社の中小ベンチャー社外パートナーCFOをつとめる講師が、実際に行った事例を素材に、クライアントの真のニーズは何なのか、そのニーズに応えるために診断士は何をすればいいのか、社外CFOとなることでクライアントの悩みや望みに応えられ、かけがえのないパートナーとなっていくことを、レクチャーを通じて紐解いていきます。

<研修内容>

1.中小ベンチャー経営者の4つの仕事と3つの役割・立場

2.社外CFOが中小ベンチャー経営者の真のニーズに応えることができる理由

3.社外診断士が社外CFOになる8つのアプローチ




中小企業白書から読み解く事業性評価融資の意味と実態

昨今、金融機関を監督する金融庁の方針が変わり、事業性(事業としての有望さや成長可能性等)を評価した融資が行われるよう、国として促進されています。中小企業白書は閣議決定されるものであることから、金融庁とも議論が行われており、事業性評価に対して金融機関への情報開示など中小企業も積極的に応えていく必要があります。

そこで、中小企業白書から読み解く事業性評価融資の意味と実態についてレクチャーを通じて押さえていきます。

・中小企業白書のあらまし

・事業性評価とは

・事業性評価の例(銀行、公庫)

・飲食店事例を基に事業性評価をしてみる(ワークショップ)



本テーマの研修日程

開催日
2020年3月20日(金)
開催地・講師名
東京六本木会場(katanaオフィ...
講師名 : 高森 厚太郎
申込
申込
 

« 戻る

株式会社あきない総合研究所
Akinai Research Insititute

〒541-0044 大阪府大阪市中央区伏見町4-4-9 淀屋橋東洋ビル3階 TEL: 06-6232-0677

OFFICIAL WEB