研修テーマ

【実践形式】コンサルタントの現状分析【※要PC持参】

<研修概要>

現状分析はコンサルティングの最初のフェーズであるとともに、コンサルタントとして舞台に上がるための第一歩でもあります。

実践経験の浅い診断士が陥りがちな点を中心に、事例を用いた実践形式でノウハウをお伝えします。


経験の浅い診断士やコンサルタント向けに、コンサルティングの「現状分析」について事例を用いた実践形式で研修を行います。

※ご参加にあたり、下記の点にご注意ください
・Excel(拡張子.xlsまたは.xlsx)を使用できるノートPCやタブレットをご持参ください。
・電源コードも忘れずにご持参ください。(タップはご用意致します。)
・ノートPCやタブレットの貸出はしておりません。


研修内容>約3時間~3時間15分


■コンサルタントの現状分析 

・経験の浅い診断士が陥りがちな点

・現状分析とは? ・・・ 「定量分析」(=結果分析)と「定性分析」(=原因分析)

・定量分析のポイント ・・・ 数値で“歴史”を振り返る

・定性分析のポイント ・・・ “構造”を理解する





■中小企業の人的支援を補うための診断士全体のレベルアップ

診断士は中小企業を支える存在であるにも関わらず、他の士業や専門家に比べてプレゼンス(存在感)が低い現実を鑑み、我々全体がどうあるべきか・どのようにレベルアップしていくべきかを提案・ディスカッションします。

<研修概要>約45分~1時間

・中小企業政策とは?

 中小企業政策の歴史と目的の振り返り

・診断士のあり方

 中小企業にとって診断士はどうあるべきか?実態はどうか?

・診断士のプレゼンスとレベルアップ

 結局は、一人ひとりのレベルアップが診断士全体のプレゼンスにもつながる

本テーマの研修日程

※本テーマの研修日程はありません。

 

« 戻る

株式会社あきない総合研究所
Akinai Research Insititute

〒541-0044 大阪府大阪市中央区伏見町4-4-9 淀屋橋東洋ビル3階 TEL: 06-6232-0677

OFFICIAL WEB