研修テーマ

①中小企業のための知的財産支援のポイント②実践!診断士の関わる中小企業施策

講師①霜田亮
<研修概要>
「下町ロケット」のヒットに後押しされ、中小企業でも知的財産に対する意識が高まっています。
中小企業でも知的財産のリスクヘッジをしておくことは今後ますます重要になるため、支援する中小企業診断士も知的財産を知らないでは済まされません。
知的財産について聞かれたときに、単に弁理士につなぐだけでは、経営者の不安がすぐその場では解決しません。
「相談されたその場でできる支援」をコンセプトに中小企業診断士としてできる中小企業支援について解説します。

<研修内容>
■14:00~15:00 中小企業の知的財産動向
特許行政年次報告書2015年版をもとに、最新の中小企業の知的財産動向を解説します。

■15:00~16:30 グループワーク
知的財産に関する相談事例を題材に、中小企業診断士としてどのような支援をすることができるかについて、グループ形式で討議・発表していただきます。



講師② 岩本健一 
【研修概要】
・本研修では、中小企業診断士にとって関わる機会の多い中小企業施策に関して考察します。
・講師が経験した支援実績から、持続化補助金・ものづくり補助金などの支援を分析
・中小企業診断士にとっての支援スキルの向上を目指します

スケジュール
16:40~17:20 アベノミクスの背景と中小施策の現状
17:20~18:00 助成金支援を考察する(グループワーク)

本テーマの研修日程

※本テーマの研修日程はありません。

 

« 戻る